中年男性の加齢臭の原因を知っておこう

中年男性の加齢臭って独特のニオイがしますよね。油臭いっていうか、おじさん臭い、なんとも表現ができない不快なニオイです。

 

しかも厄介なのは、ほとんどの中年男性はこの加齢臭に対して気づいてないのです。気づく中年男性は既婚の方がほとんどで、奥さんの指摘で気づくパターンです。

 

そこで、どのような原因で加齢臭が発生しているのか調べて見ました。

 

中年男性の加齢臭のニオイとは?

加齢臭 原因

加齢臭と言っても一体どのようなニオイがするのでしょうか?表現するには難しいとは思いますが、なんとなくイメージができるように説明していきたいと思います。

 

加齢臭で代表的なニオイは

 

・すえた汗のようなニオイ

・使い古した油のようなニオイ

・枯れ草のようなニオイ

 

などが良く表現として使われます。

一番良く言われるのは「すえた汗のようなニオイ」で、汗くさいようなすえたニオイがするのが特徴的です。どちらにせよ隣の人は不快になる事は間違いないです。

 

次は使い古した油のようなニオイです。これは古い紙のニオイとも言われる事もあります。これもなーんとも言えないおじさん臭い感じがします。

 

実は40代のニオイは加齢臭とは言わないらしく、実際には50代からが加齢臭と呼ばれるみたいです。

 

中年男性の加齢臭の原因とは?

加齢臭 原因

加齢臭の原因となるのは、皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が繋がる事によってできるノネナールという物質が原因となります。加齢臭と聞くと男性のイメージが強いですが、加齢臭は男女関係なく言います。

 

加齢臭は40歳代以降から酸化に対する抑制力が低下がし、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が大量に増えます。その結果ノネナールと言う物資が発生し不快な加齢臭のニオイとなってあらわれます。

 

この発見を突き止めたのは大手化粧品メーカーの「資生堂」の研究チームで、20代〜70代の男女のポロシャツに付着した成分を分析した結果、40代以降から検出された成分がノネナールです。若い世代からの検出はなかったため、加齢臭の原因物資として特定されたわけです。

 

それと過酸化脂質を生み出す原因となるのが活性酸素になります。活性酸素は体の中の不飽和脂肪酸と結びつき過酸化脂質を作り出します。活性酸素は動物性の脂系の食事や、日々のストレス、喫煙などが挙げられます。

 

少し難しい単語が羅列していますが、簡単に言うと40歳を越えたあたりから酸化の抑制力が低下し、ノネナールという成分がニオイの原因となります。完璧に抑える事は難しく、対策するなどして対処いく形になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました